ちょっと違うと思ったら病気かも?

足がつる原因はこれだ!こむら返りの原因と対策を知ろう!

ちょっと違うと思ったら病気かも?

一般的には、こむら返りは、一瞬、1度だけ起こるという人が多いのですが、希に頻繁に起こるという人の中には、病気の可能性もあるということを知っておかなければいけません。

 

こむら返りが起きやすい病気には、閉鎖性動脈硬化症、糖尿病、脳梗塞、椎間板ヘルニア等が挙げられます。糖尿病は今や日本を代表する(?)生活習慣病です。糖尿病になると、手足の先が冷えやすくなります。つまり血行が悪くなるということです。また、運動神経が異常になりますので、結果、こむら返りが起こることになります。椎間板ヘルニアは、下半身(脚)が腫れたりすることによって足の血行が悪くなります。

 

やっぱり、病気の場合も、こむら返り自体の仕組みは変わらないのですが、病気の場合は、他の臓器や関節、部分にまで支障が出ています。やはり、短期間に何度も足がつる症状が出た場合は、ただ単に「ちょっと疲れたかな」とか「ミネラル不足だった」と済ませてしまわずに、早めに医療機関を受診してみましょう。もちろん、毎日の食生活でミネラルをしっかり取り入れたり水分をしっかり補給することも大切ですので、逆に言えば、こむら返りの3大要素に注意しておけば、こむら返りは病気の前兆にもなりますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ