足がつる原因はこれだ!こむら返りの原因と対策を知ろう!

足がつる原因はこれだ!こむら返りの原因と対策を知ろう!

あの突然襲ってくるピキーン!

気持ちよくスヤスヤ眠っていたら・・・ピキーン!もしくは軽快に走っていたら・・・ピキーン!。ピキーンとは、そう、足がつったあのイヤ〜ななんとも言えない感覚です。誰でも1度は経験したことがあるのではないでしょうか。
別名こむら返りとも言われているこの症状。あのこむら返り大好き!なんて人はいないでしょう(笑)。本当に突然、予告なし、気配なしで襲ってきて、どんなに大きな大人の男性でも、つっている間はもうどうすることもできませんよね。「あっ」と言ったかと思うと、しばらく苦痛の表情を浮かべて硬直しているあの様は、側で見ているだけでも顔がこわばってしまいます。しかしあの症状は、なぜ、どうしてやってくるのでしょうか。その原因を知ったら、もしかするとある程度は予防することができるのでしょうか。

 

今回は、そんなこむら返りがいつ襲って来るか毎日恐怖を感じている(←大げさ)まではいかずとも、知っていると知らないとでは日常生活に大きな差が出るかも!?しれないこむら返りの原因について、ちょっと見てみたいと思います。実は、こむら返りには、こんな秘密や体内環境とこんな関係があったりして、ちょっと、イエ、かなり驚くかもしれませんよ。

 

こんな時どうする?【こむら返り編】 

 

こんな時どうする?【足がつった編】 

原因1:ミネラル不足

早速、こむら返りの原因を見てみることにしましょう。

 

まず、比較的軽度なものから見てみると、まず考えられるのがミネラル不足です。ミネラルとは、人の体に必要不可欠な栄養素で「鉱物」とか「無機質」とも呼ばれています。ミネラルと一言で言っても、その種類はさまざまで、カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウムなどが挙げられます。ミネラルは人体では作ることが出来ません。100%口からの栄養として取り入れなければいけません。

 

さて、このミネラル、厄介なことに汗をかいたり排泄(尿)するときに実は一緒に流れ出てしまいます。汗を沢山かくと、必然的に体内はミネラル不足となり、筋肉への信号が正常に伝達することができなくなります。イメージとしては、信号を送る役目の人が疲れてもう適当な信号を送っているような感じです。あ、分かりにくい表現になりましたら申し訳ございません(笑)ミネラル不足によるこむら返りは、このような仕組みで起こってくるのです。しかし、ミネラルは、体内への吸収率が悪いことでも有名な栄養素で、その上、汗となって勝手に出て行ってしまうのですから、厄介ですよね。ミネラル不足で有名な現代人。是非気を付けて摂りたいものです。

 

原因2:筋肉疲労

続いてのこむら返りの原因は、筋肉疲労です。
その名の通り、筋肉の使い過ぎによって起こる症状です。確かに、ちょっと足をよく使ったな、今日はよく歩いたな、という日の夜、ぐっすり眠っている時に限って足がつったりしますよね。激しい運動や長時間負荷がかかる運動を行うと、筋肉が緊張状態になります。緊張すると、体内に酸素が不足する、体内に酸素が不足すると足の筋肉にも酸素が不足する、足の筋肉に酸素が不足すると足の筋肉の血行が悪くなる、血行が悪くなると足がつる、といった仕組みになります。筋肉疲労の場合、前出の体全体的なミネラル不足や、汗による脱水症状というのも関係してきますので、この状態は、こむら返りにとっては正に好環境になっているというわけです。

 

以前と違い最近のプロスポーツ選手が、準備運動と同様に、トレーニング後のストレッチを重要視しているのもこのためです。トレーニング後にしっかりストレッチを行い、筋肉をほぐしておくと、早めに筋肉が回復し、いわゆる”質の良い筋肉”になります。とにかく筋肉を使った後はしっかり筋肉をほぐしておくこと、更にミネラルの入った水分をしっかり補給しておくこと、これが筋肉疲労でのこむら返りの対策となります。

 

 

原因3:運動不足

直前で運動のし過ぎによる筋肉疲労が原因でのこむら返りをお話したばかりですが、続いてのこむら返りの原因は、運動不足です。え?運動し過ぎてもダメで、運動不足でもこむら返りって起こるの?と言いたくなりますが、何でも「過ぎたるはなお及ばざるが如し」というということです。
 
ふくらはぎは第二の心臓という言葉を知っていますか?ふくらはぎは、心臓と同様に体全体に血液を送るポンプのような役目を持っています。心臓は、呼吸によって体内に取り入れられた酸素を体中に送るポンプ、ふくらはぎは、体内で要らなくなった二酸化炭素を血液に乗せて送るポンプです。運動不足のふくらはぎだと、このポンプのお仕事が怠慢になっている状態です。運動をすることによって、ポンプが働きます。ポンプが働くと血流が良くなるのですが、この仕組みがきちんと働かないと、足に冷えを感じてこむら返りが起きるという結果になります。
適度に運動をして、筋肉を柔らかくしておけば、血流が良い状態が保て、足の筋肉の異常伝達がなくなりますので、健康やダイエットというだけでなく、こむら返りの予防の面から見ても、やっぱり運動って大事になるんですね。あなたは最近、運動をしていますか?

 

 

原因のまとめ

このように、こむら返りの原因を見てみると大きなキーワードが3つ挙げられます。
@血行AミネラルB水分、この3つのバランスが一つでも崩れると、こむら返りが起きやすい状態になるということが言えます。

 

例えば、夏の暑い日には快適な冷房の効いた部屋でデスクワーク。終日、座りっぱなしだと運動不足に加え足の冷えが出てきますよね。涼しい室内でも、実は意外と汗をかいているものですので、このような環境でお仕事を頑張っている方が、仕事を終え帰宅し、就寝後に足がつったというようなことは、実はよく聞く話なのです。こうやって考えてみると、運動をやった後だけでなく汗をかく季節にも、特にミネラル補給、水分補給というのは重要になってくるということが分かります。

 

こむら返りは、体の中の危険に気づく重要な信号のようなものです。こむら返りはその瞬間は痛いのですが、済んでしまえばすっかり忘れてしまうという人も多いかもしれません。しかし、何らかの体の異常のサインがこむら返りとなって現れていると考え、もしこむら返りが出たら、痛さを改善した後にも、体の中で不足しているものをしっかり補給し、重症化しないように気をつけましょう。次はこむら返りが出る、重症な病気についてお話します。

 

参照サイト

こむら返りの治し方・・・突然起こってしまうこむら返りについて詳しく解説しています。どうして起こるのか、原因を知って自分の症状に合わせた対処法を行い改善していきましょう。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ